確定申告2019 税理士 会計ソフト

確定申告2019 いつからいつまで?税理士・会計士探しやマイナンバー対応、フリーの確定申告ソフトもおすすめ

確定申告2019 いつからいつまで?

 

確定申告,2019,税理士,会計士,相談,会計ソフト,フリー
※スマホでレシート撮影でサクサク自動仕訳してくれる会計ソフトfreee(フリー)の無料お試し情報はコチラ!

 

確定申告2019の期間(期限)がもうすぐ終わります!

確定申告2019(平成30年度分)が2月18日(月)から始まり、3月15日(金)までが個人所得税・相続税の申告と納税の期限です。個人事業主の消費税の申告と納税の期限は2019年4月1日(月)までとなっています。

 

 

このページの目次

確定申告2019から電子申告が簡単に!?ID・パスワード方式導入

定申告2019では国税庁ホームページのe-taxがスマホ・タブレットでも見やすいデザインに変わりました。スマホでも確定申告書作成コーナーが利用できるようになり、作成途中のデータも保存できるようになっています。

スマホでe-tax電子申告ってどうすればいいの?

マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方も、スマホ等から申告書を作成し、ID・パスワード方式を利用して送信すれば申告完了
・ e-Taxで送信すれば、源泉徴収票など書面で提出が必要な添付書類も提出不要
 (ご自宅で保管する必要があります。)
・ 申告書の控えはPDF形式でスマホ等に保存!
※ ID・パスワード方式のIDをお持ちでない方も、スマホ等で申告書の作成はできますので、ご自宅のプリンタやコンビニ等のプリントサービス(有料)を利用 して印刷し、所轄の税務署に郵送等で提出できます。
※ 参考:国税庁HP「スマホ × 確定申告  スマート申告始まります!」

がんばってアピールされてますね。

 

なお、国税庁e-taxのうち、個人の方の確定申告書作成コーナーのURLは
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl
となります。

(スマホで保存したデータはパソコンとは互換性が無いので、スマホで作成を始めたデータを使う場合は、スマホで最後まで確定申告書を作成する必要があり、そして、最後のデータを保存して、来年の確定申告をするときも、基本データを引き継ぐためにはスマホでe-taxを利用する必要があります。)

ころが、スマホで使えるブルートゥースのICカードリーダーがあまり多くないですし、スマホ自体のICカードリーダー機能を電子申告に使えるスマホの機種は限られています。ICカードも高くないとはいえ、それほど他に使い道も無いのに5000円程度します。サラリーマンが普段白色申告で利用するふるさと納税や医療費控除での還付金は微々たるもの。

 

マイナンバーカード自体も発行まで時間(約1ヶ月)がかかりますし、さらにマイナンバーカード発行後に利用者識別番号を発行してもらったり電子証明書をインストールしてもらう手続きも1-2週間かかります。
なお、こちらのマイナンバーカード方式でも、平成31年1月以降は、e-TaxのID・パスワードが不要になっています(マイナバーカードとICカードリーダーがあればOKになった)。ここも正直、IDとパスワード多すぎて「どれがどれ?」っていう感じでしたよね?

 

セキュリティももちろん重要なのですが、ちょっと普通の人が使うには複雑すぎました。。。。

 

ID・パスワード方式とは?

そこで、、、かどうかかは分かりませんが、平成31年1月以降はID・パスワードを入力するだけでe-taxで電子申告ができるようになりました!

 

国税庁のホームページの中では「e-Tax利用の簡便化の概要について」というページで説明されています。
http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm

 ※ マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。
 ※ ID・パスワード方式は確定申告書等作成コーナーでのみ利用できます。

暫定的な対応であるため、お早めにマイナンバーカードの取得をお願いします。(国税庁では「マイナンバーカード方式」を推奨しています。)

とは書いてありますが、まぁ国税庁もほぼあきらめたんじゃないでしょうか(笑) 公的個人認証サービスの利用者クライアントソフト(JPKI利用者ソフト)のインストールも必要ですし、マイナンバーカードの問題だけじゃないんですが、分かってるんでしょうか?

 

e-taxのID・パスワードを発行してもらうには?

e-taxのID・パスワードを発行してもらう手続きの方法としては、

  1. 運転免許証などの本人確認書類を持って、 近くの税務署に行く(確定申告会場等でも可)
  2. 「e-taxのID・パスワード発行をお願いします」と言う。
  3. 税務署職員が対面による本人確認を行い、「ID・パスワード方式の届出完了通知」をもらう
  4. この状態で「e-tax利用開始届出書提出済み」になるので、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」でのみ電子申告が可能になります

なお、税務署に行く以外でも

  • マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って、ご自宅等から利用開始届出書を送信する

という方法でe-tax用のID・パスワードが使えるようです。

e-tax用のID・パスワードは16桁

この「e-tax用のID・パスワード」は4桁×4の16桁で、これまでのe-TaxのID(利用者識別番号)と同じような書式です。

e-tax用のID・パスワードはfreeeなどの確定申告ソフトでは使えない

ところで、このサイトでおすすめしているfreeeなどの確定申告ソフトでは、当初は

  1. 会計ソフトでe-tax用データ作成して、エクスポート
  2. そのデータを国税庁e-taxソフトで読み込み
  3. e-taxソフトで電子申告

というステップが必要でした。

このe-taxソフトが「いかにもお役所」なもので、使えるブラウザなどが一昔古くて、事前準備セットアップも難解なものでした。

しかし、最近ではe-taxソフトを経由せずに、確定申告ソフトから直接、e-taxに電子申告できるようになっていることをウリにしています。(ただし、公的個人認証サービスの利用者クライアントソフト(JPKI利用者ソフト)とe-taxの利用登録(利用者識別番号と暗証番号の取得)は必要)

 

しかし、この電子申告機能はあくまで既存のマイナンバーカード方式による電子申告のみで可能で、残念ながら、ID・パスワード方式には対応していません。(おそらく国税庁側がOKしていないのだと思います。)

クラウド確定申告ソフトのe-tax電子申告対応状況比較はfreeeが大きくリード

freee Win/Macで直接、電子申告可能!スマホのみでは電子申告できない

freeeではfreeeの電子申告アプリをダウンロードしてインストールするかWeb版freeeを利用(windows7-10/10.12 Sierra/10.13 High Sierra/10.14 Mojave)することで、直接電子申告可能です。ただしマイナンバーカード方式のみに対応し、ID・パスワード方式には2019年3月10日現在、未対応のようです。

freeeではいち早く2018年1月からMacでも電子申告可能になりました!

残念ながらいくらfreeeでも、スマホ(アンドロイド/iPhone)だけでは電子申告できませんので、freee確定申告で作成した確定申告書をコンビニなどで印刷して、税務署に持参するか郵送する必要があります。

マネーフォワード確定申告は直接電子申告できない

クラウド会計ソフトのMFクラウド(マネーフォワード確定申告)では、直接電子申告する機能は無く、e-Taxで申告を行うときのためのファイル(xtx書式の書類)にエクスポートすることができます。

 

ただし、この申告・申請データ(拡張子「.xtx」)のファイルを読み込むのは、「確定申告書作成コーナー」のファイル(.data形式)ではなく、「e-taxソフト(ダウンロード版)」となります。
※e-taxソフト(Web版)やe-taxソフト(SP版)には申告機能が無いため

弥生のクラウド確定申告ソフトも直接電子申告できない

やよいの青色申告・やよいの白色申告など弥生会計のクラウド確定申告ソフトも、直接電子申告する機能は無く、「e-taxソフト(ダウンロード版)」で利用できるe-Taxデータファイル(.xtx)の書き出しが可能になっているのみです。

 

 

 

還付申告は5年間遡れる

なお、「確定申告いつまでさかのぼれる?」にも記載しましたが、個人の還付申告(源泉徴収で払いすぎた税金を返してもらう)については、3月15日の法定申告期限を過ぎても5年間は遡って申告することが可能です。確定申告の期限が過ぎてしまったからといって、

もう今年は医療費控除やふるさと納税・住宅ローン減税(初年度)などで返してもらえるはずの税金はあきらめるしかないのか・・・

ということではありません!
正しく記載すれば確定申告書は受理してもらえますし、ちょっと遅くなるかもしれませんが、還付金も振り込まれます。(管理人の経験では3月20日くらいまでなら、ほとんど期間内に申告したときと同じ頃に還付金のお知らせのハガキが届きました。)

 

確定申告は準備が大事

確定申告2019、平成30年度分の確定申告の必要書類はお揃いですか?
サラリーマンでも医療費控除やふるさと納税の還付申告、NISAやFX、副業などで確定申告が必要な場合があります。

 

確定申告2019はいつからいつまで?

 

個人事業主の所得税やサラリーマンの還付申告などは基本的に、毎年2月16日から3月15日の1カ月間です。

暦年の1年間が対象ですので、確定申告2019(平成30年度分)は2018年1月1日から12月31日までの1年分の所得や経費が対象になります。確定申告の時期は例年2月16日から3月15日(土日の場合は後ろにずれる)の1カ月間です。

 

個人事業主の消費税については、課税対象期間の翌年3月31日(土日の場合は後ろにずれる)が提出期限となり、若干違いますので注意してください。

 

税務署もe-taxも確定申告シフト

この確定申告期間中は税務署も確定申告所を臨時に開設したり、毎週ではありませんが土曜日に受付や相談を受けることもあります。
e-taxもこの期間中はメンテナンス以外は土日も24時間フル稼働しています。

 

確定申告書の書き方ガイド

あす楽にも対応していますが、急がれる方は「楽天Kobo」などの電子書籍版ならダウンロードするだけなので早くて、しかも値段も安いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

e-taxなど電子申告にはICカードリーダーが必要

個人の場合はe-taxなど電子申告で済ますのがおすすめですが、電子申告の場合は住基カードかマイナンバーカードのICチップに入っている電子証明書(有効期限3年)が必要で、さらにその電子証明書を利用するためのICカードリーダーも必要です。

 

全てのICカードリーダが利用できるわけではない

Windows/Mac OSのバージョンによって利用できると確認されている機種が一覧になっています。
ICカードリーダライタにも様々な企画があり、e-taxで利用するためには、「公的個人認証サービスに対応した機器」であることが必要です。
詳細はこちら「サービスの利用に必要となるマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタについて」

 

e-taxで確定申告書類を作成して、印刷して税務署に郵送する場合はICカードリーダライタは不要ですが、電子申告する場合にはICカードリーダー/ライターが必要です。USB接続で2000-5000円程度です。最近ではUSB Type-CやBluetooth(ブルートゥース)接続のものも発売されています。

 

 

 

 

 

 

スマホがICカードリーダーになる!?

 

平成29年1月よりスマートフォンのリーダライタモードを使い、ICカードリーダライタの代わりにパソコンに接続して公的個人認証サービスを利用することが可能となりました。(https://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html)

と発表されています。

 

スマホの場合は、「NFCスマートフォンに関するマイナンバーカード対応基準」が公開されており、

 

  • AQUOS EVER SH-02J
  • Android One X1
  • arrows F-01
  • Xperia XZ1 SO-01K

 

などがマイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧として掲載されています。
詳細はこちら

 

iPhone/iPadは未対応

iPhone/iPadは今のところ、この一覧には無く、ソニー(FeliCa 非接触ICカード技術の開発元)のiOS用ICカードリーダライタ・パソリRC-S390はSUICAや電子マネーには利用できますが、e-taxには対応しておりません。

 

マイナンバーカードの発行に時間がかかることがあるので注意

 

2016年1月1日からマイナンバー制度が施行され、住基カードの発行が終了しました。

 

そのため、

  • 確定申告2018(平成29年度分)からe-taxで電子申告をしたい人
  • 以前からe-taxで電子申告していたが、電子証明書の期限が切れてしまった人

 

は、マイナンバーカードを発行してもらい、そのマイナンバーカードに電子証明書を入れてもらう必要があります。

 

特にマイナンバーカード発行は今年から始まったばかりで、自治体・役所によってはかなり時間がかかる場合があります。
いずれにせよ、マイナンバーカードは発行申請して当日もらえるものではないので、早めに準備が必要です。

 

法人の法人税・消費税は営業年度で、決算日から2ヶ月以内

 

法人の場合は暦年ではなく、営業年度で申告をします。
法人税は決算日から2ヶ月以内、事業年度末日の翌日から2カ月以内です。

 

税理士に確定申告の相談

 

個人事業主や中小企業でも所得や経費によっては、税理士や税理士登録している会計士に確定申告を依頼する必要があるかもしれません。
法人の場合は顧問契約や年間契約しているケースもありますが、会社設立や起業したての場合には「まだそこまでは・・・」という個人事業主や中小企業経営者も多いようです。

 

最近では会計士や税理士の検索ができたり、

 

  • 地域
  • 業種
  • 費用

 

などの条件を伝えると、近くでなるべく条件にあった税理士や会計士を紹介してくれるサービスがありますので、それを利用するのがおすすめです。
いきなり顧問契約でなくても、「最初は確定申告だけ」から会計士や税理士に依頼することも可能です。

 

(さすがに2月3月から確定申告2019のお願いをしても間に合わないかもしれませんが、逆に、「確定申告2019に対応してもらえそうな会計士・税理士を探してもらう」、というのも自分で探すよりずっと賢い方法です)

 

単発の税務相談や決算・確定申告の依頼にも税理士が快く受けてくれる

法人の顧問契約のイメージが強い税理士ですが、実は、相続税の相談以外に

  • 単発の税務相談
  • 単発の個人事業主の確定申告
  • 単発の中小法人の決算
  • 相続税の相談
  • 贈与税の相談

も快く受け付けてくれる税理士法人が増えています。

 

 

会計ソフトや確定申告ソフトはフリー(無料)でもマイナンバー対応など進む

 

e-taxは確定申告や還付申告用の書類作成ソフトのようなものですが、会計や決算処理をしてくれるものではありません

 

会計ソフトや会計経理機能・複式簿記の帳簿作成機能に加えて決算書確定申告書の作成もできる確定申告ソフトは、最近では無料から使えるクラウド確定申告ソフトが人気です。

 

などが手軽に利用できるので、便利です。

 

最初は無料から始められるものが多いですが、継続的な利用には費用がかかるプランがほとんどですので、この時期にまず確定申告でクラウド確定申告ソフトを利用してみて、機能などを比較してから、有料プランに変更するというのもおすすめの利用方法です。

 

今後、小規模であっても人を雇っている場合には給与計算もできますし、マイナンバーの管理なども必要になりますので、この確定申告2019をきっかけに、しっかりした確定申告ソフトや会計ソフトを導入しておくことをおすすめします。

 

会計ソフトの比較や詳細は↓↓↓↓↓
 会計ソフト比較と無料お試し・無料プラン情報

 

 

 

確定申告相談情報一覧(地域別)


inserted by FC2 system